新潟県岩船村上地域で作っているお米「いわふね米(いわふね米)」を紹介するサイトです

いわふね米|岩船・村上地域で作っている「いわふね米」は、日本一おかずに合うお米です。

vol.6 冨士美園 飯島剛志さん

食材生産者の紹介

投稿日:

村上茶の魅力

お茶の栽培

お茶のはアップ

冨士美園のごうしさん 村上茶は商業ベースで北限の生産地であり、雪が積もる環境で育てているので、渋みが柔らかくて香りが強いのが特徴です。村上茶の栽培ですが、私は年2回土壌診断をしてもらった後に必要な量を施肥しているのと、環境やお茶の木に負担のかけない方法で栽培しています。収穫後の茶葉は手揉み茶の品評会に出展するなどして、おいしい村上茶が生産できるように、日々技術習得に励んでいます。もちろんプレッシャーはありますが、皆さんにおいしい村上茶を召し上がっていただきたい想いを励みにして生産しています。

ところで、皆さんはご自宅や職場で急須を使ってお茶を淹れる機会はありますか?恐らく少なくなってきたのではないかと思います。私は少しでもお茶に親しんでいただくために、おいしいお茶の淹れ方を学んでいただく「村上茶ムリエ講座」で講師を務めたり、地元料亭の方と一緒にお茶の「飲む以外」の利用方法を考えたりしています。お茶の食べ方については、新茶の茶葉や淹れ終った後の茶殻を天ぷらにしてみたり、茶パウダーに加工して飲食店に販売してみたり、日々試行錯誤しています。

お茶は、葉を収穫して店頭に並ぶまでに様々な工程を経て出来上がる、大変労力のかかる品物です。ですので、皆様には私たち村上茶生産者の想いも含めて、他産地に無い味をお届けできればと考えております。

-食材生産者の紹介

Scroll Up

Copyright© いわふね米|岩船・村上地域で作っている「いわふね米」は、日本一おかずに合うお米です。 , 2017 AllRights Reserved.