新潟県岩船村上地域で作っているお米「いわふね米(いわふね米)」を紹介するサイトです

いわふね米|岩船・村上地域で作っている「いわふね米」は、日本一おかずに合うお米です。

岩船・村上地域の四季の食材

村上の春の食材

商業ベースでは北限の産地で、他の産地よりも日照時間が短く、そのために渋味の素であるタンニンが少ないため、まろやかで、甘味が強く感じられるお茶が栽培されます。

村上茶

林業が盛んな山間地では、杉を間伐した空間を有効利用して林間わさび(葉わさび)を栽培しています。 熱湯で湯どおし後、軽く振るとピリッとした爽やかな辛みが立ち上がり、ご飯のお供にぴったりです。

林間わさび(葉わさび)

村上市は県内第2位のブロッコリーの生
産地で、春と秋の2回、収穫期を迎えます。栄養たっぷりの緑黄色野菜で、欧米では「栄養の宝石」とも呼ばれています。

ブロッコリー

村上の夏の食材

鮎は清流を代表する魚です。荒川・三面川にはたくさんの鮎が生息し、夏には県内や関東圏からの太公望で賑わいます。心地良い風が吹き抜ける川辺で食べる獲れたての鮎は絶品です。

日本海の荒波に揉まれ、海底の岩場ですくすくと育った旬の岩がきをお口いっぱいにほおばってみてください。磯の香りと海のミルクともいわれる濃厚な味を楽しむことができます。

岩牡蠣

県内最大の生産地。若いさやを収穫するので、柔らかく、クセもありません。

いんげん

村上の秋の食材

昔ながらの焼畑農法で栽培された赤かぶで
す。焼畑のかぶは弓1き締まって色がいいのが特徴で、特に甘酢で漬けた赤かぶ漬は、適度な歯ごたえと辛味が自慢です。

赤カブ

柳の葉のように体型が細身のカレイです。「一夜干し」にしてからさっと焼いて食べると、他のカレイとは異なる繊細で上品な味が楽しめます。

柳カレイ

村上では古くから三面川(みおもてがわ)の鮭を『イヨボヤ』と呼んできました。 
「イヨ(イオ)」と「ボヤ」はともに魚を意味する言葉で、三面川の鮭を「魚の中の魚」「三面川の鮭でなければ鮭とはいえない」と言い切るほど、鮭と密着した生活を営んできました。
村上の鮭の歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていたことが記録に残っています。 
江戸時代に入ると鮭は村上藩の貴重な財源とされ、自然ふ化増殖システムである『種川の制』を考案し増殖に努めました。
また、明治時代には、日本初の人工ふ化に成功し遡上数の大幅な増加が見られました。
このような長い歴史の中から、村上では独特の鮭文化を築き上げてきました。 
一年を通しておいしく食べられる百種類以上の鮭料理を生み出し、それぞれの家庭で、それぞれの自慢の味が親から子へ、子から孫へと守り伝えられています。

市内で生産されているねぎは、独自な柔らかさと光沢があることから「やわ肌ねぎ」として全国に出荷されています。「やわ肌ねぎ」の名前の由来は、なめらかできめ細かい白さが、女性の肌を連想させるとのことでつけられました。栽培に当たっては、土作りと農薬使用量の低減に重点を置き、安全安心と環境に配慮しています。そして、芸術的な外見だけでなく味においても一級品。食材として料理を美しく演出してくれます。

やわ肌ねぎ

しいたけは、栄養はもちろんのこと、制ガン効果のあることでも知られております。ならの木に植菌した原木栽培で、シイタケ本来の味です。焼くと旨味が出ますので、 炭火・鉄板焼きにお奨めです。

しいたけ

村上の冬の食材

昔から「西のフグ、東のアンコウ」と讃えられるほど美味しい高級魚。プリッとした身の他に、ヒレや皮にはコラーゲンが、肝にはビタミンEやDHA が入っており、冬の鍋に最適な食材です。

あんこう

村上市の特産品で、うるち米を蒸して練り上げ、棒状にした製品。煮崩れしにくく弾力があるので、色々なお料理に活用できます。

まんまスティック

村上の通年の食材

岩船地域の豊かな自然の中で丹精込めて育てられた銘柄豚(朝日豚、岩船豚、越乃黄金豚、よつばポーク他)は、風味豊かで味わい深い特徴のあるおいしい豚肉です。

豚肉

ミネラルたっぷりの海水を独特の製法で濃縮し煮詰めました。塩辛さの中に甘さを感じる本物の「塩」がここにあります。

日本海の天然塩

山紫水明、風光明媚な美しい自然の中で、コシヒカリの稲わらと乾草をたっぷりと与え約2年。人情の豊かさを織り交ぜながら、のびのびと育てられた高級和牛です。
その肉質は、色鮮やかで風味良く「一味違う黒毛和牛」と賞され、特にサーロインステーキの味は絶品です。
  -平成8年度全国肉用牛枝肉共励名誉賞(最高位)受賞-

村上牛

ふっくらとした丸型で、「丸ふ」ともいわれています。古くは北海道と京都を結ぶ、北前船の寄港地である岩船で、特産品として生産され、北海道へも出荷されていました。味噌汁に、煮物にと趣のある味をお楽しみください。

岩船麩

清らかな三面川の伏流水に恵まれ、背後に上質の酒米産地を持つ村上は、伝統の酒処です。気候風土に恵まれ、全国的に名高い越後杜氏の職人の技によって醸される村上の地酒は、美酒、銘酒として高い人気を誇っています。毎年11月末日より新米による仕込みが始まり、江戸時代からの伝統の重みを受け継いだ職人たちの技による銘酒が、誕生します。

地酒

平成17年3月に構造改革特別区域(どぶろく特区)に認定された高根集落で醸造する「どぶろく雲上」。

どぶろく


投稿日:2016年10月27日 更新日:

Scroll Up

Copyright© いわふね米|岩船・村上地域で作っている「いわふね米」は、日本一おかずに合うお米です。 , 2017 AllRights Reserved.